装着簡単なタイヤチェーンのチェックするべきこと

暖冬といいつつも、雪の多い少ないには関係がないそうですね。

暖かいのなら雪降らないんじゃないんかいと思ったケティーです。

冬のレジャーで、実家への帰省で、義務化されたこともあって車での長距離移動する際には欠かせなくなったタイヤのチェーン。

そんなタイヤのチェーンを選ぶとき、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

スポンサーリンク

装着簡単なタイヤチェーンのチェックするべきこと

タイヤチェーンを装着するために

ジャッキアップしたり、タイヤを外したりする必要はなくなり、装着は簡単になっているようですが、選ぶときにどんなことをチェックするべきなのでしょうか。

チェーンの装着タイプの違い

  • チェーンが一本でできているタイプ
  • チェーンがいくつかに分割されているタイプ

一本でできているものはタイヤに上からかけて下で留めるだけですが、いくつかに分割されているものはタイヤの上と下で留めるものもあります。

このタイプの違いの理由には収納性があるようです。

分割されているタイプは、折りたたみにくい材質(ゴムやウレタン)なので収納場所が十分にあるのならこちらを選んでもいいかもしれません。

チェーンの形状

  • はしご型(ラダー型)
  • 亀甲型
  • 丸ごとカバー型

それぞれの特徴としては、

はしご型は前後にすべりにくい、音と揺れが激しい

亀甲型は前後にも横方向にもすべりにくい、品種が少ない

丸ごとカバー型は輸入車にもつけられる、布製しかないようなのである程度で使い捨て

チェーンをつけるタイヤのサイズ

普段あまり気にしないことですが、タイヤにもサイズがあり、タイヤ外径・幅などタイヤの側面に表示されている型番を確認しましょう。

チェーンの材質とその特徴

  • 金属
    収納性も高く、価格が安くて上手に使えたら長持ち。雪や凍結のない道路では傷みやすい。金属なので重たい。走行時の振動や音が大きくなる。
  • ゴム・ウレタン
    どんな道路状態でも静かに走行できる。折りたたみにくいので収納性は低い。金属のものと比べて価格が高い。

  • 収納性も高く、ほかの材質のものに比べてタイヤと車体の隙間が少ない車にも装着しやすい。傷みやすいので長持ちはしない。

まとめ

シーズンを通してずっと雪道を走るのなら金属のものにしようとか、のぼりが多い道だからはしご型にしようとか、雪道を走る頻度やどんな道を走るのかで安全で快適な冬を過ごしたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました