小浜のお水送り2019日程とアクセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良のお水取りは小浜のお水送りとセットになっている行事だと知っていましたか?
お水送りで若狭から送られる「お香水」を、奈良のお水取りで汲み、本尊へお供えするという行事なのです。

スポンサーリンク

小浜のお水送り2019日程とアクセス

お水送りの日程とスケジュール

2019年3月2日(土)18時~

タイムスケジュール

18時 修二会

18時半 達陀

19時 神宮寺大護摩

19時半 松明行列

神宮寺から鵜の瀬まで松明を持って歩きます。誰でも参加できますが、当日の手松明の販売数は少ないので、事前に予約しておくことをお勧めします。

20時 鵜の瀬大護摩

20時半 送水神事

21時 立ち直会

お水送りの会場へのアクセス

神宮寺と鵜の瀬の間で行われる行事なので、当日はJR小浜駅から臨時送迎バスが出ています。

神宮寺から国道27号線までの通り(県道35号線)に臨時駐車場が準備されるので、舞鶴若狭自動車道小浜ICから車で10分ほどです。

お水送りを楽しむために

お水送りを含めたツアー

毎年定員に満員になる日帰り限定ツアーもあるのでご紹介しておきます。

《若狭の奇祭「お水送り」と不老不死伝説の聖地をめぐるツアー!》

2019年3月2日 10時半~22時予定

主催 「自然に大の字 あそぼーや」

ツアー料金6500円(税込、保険料・移動バス代込、ガイド付き)

石観音、瓜割の滝、入定洞、若狭姫神社・若狭彦神社を巡り、夜は「お水送り」を楽しめるツアー。移動のためのバスもあるので駐車場に困ることもないし便利そうですね。

必要な防寒対策

雨も雪もちらつく事がある時期なのでしっかりした防寒対策が必要になります。コートに手袋・帽子はもちろん、雨具も持っておいた方が無難です。

松明行列にも参加するとなると、往復で3キロ弱の距離を歩くことになるので、雪でも滑らなくて温かいブーツや長靴があるといいでしょう。

松明の火の粉も舞うので、一番上には汚れてもいい服をはおりましょう。

最後に

冬の小浜といえばお土産にはとち餅かでっちようかん(小浜では水ようかんをこうも呼びます)です。お土産話と一緒にどうぞ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*